【同期のサクラ 2話】竜星涼が高畑充希に尻を叩かれる!叩かれた撮影場所は?

同期のサクラ第2話 竜星涼の回

この記事を書いた人
Season
Season
ブロガー

ライター

2019年秋、水曜ドラマ『同期のサクラ』が夜10時から放送中です!
ドラマ『過保護のカホコ』チームが再結成し、主人公も同じく『高畑充希』さんが演じているということで話題性のあるドラマの1つです。

第2話のストーリーで反響となっているのが、
清水菊夫役の『竜星涼』さんが部長に自分の思いを伝えたいため、北野サクラ役の『高畑充希』さんにお尻を叩いてもらうシーン。
さらにもう1つ、菊夫が勇気を振り絞って、営業部部長役の『丸山智己』さんに自分の考えを伝えるシーン。
他にも2話の感想やドラマの撮影場所、視聴率についてもまとめてみました!

竜星涼さんの演技に反響の声

営業部に配属となった同期の清水菊夫役『竜星涼』さんの演技に心を打たれたという方も多いと思います。
仕事のしすぎで倒れてしまい、病院に運ばれた菊夫とお見舞いに来たサクラが仕事について話すシーンも印象深いシーンとなっていますね。
公式Twitterでは、反響となった菊夫のお尻を叩くシーンが放送後、アップされています。

竜星涼さんのインタビューもSNSにあがっていますね。

菊夫のお尻をサクラが叩くシーン

営業部所属の菊夫は2年目にして主力の一部として働いていた。
しかし、菊夫は社内でも横暴で有名な営業部部長の桑原から無理な要求を言われ、苦しんでいた。
クライアントの立場を考えず、自分の利益のみを考えようとする桑原。
菊夫はその対応に追われ、残業時間は増す一方であった。
そして遂に、仕事をし続ける菊夫は倒れてしまい、病院に運ばれた。
1日入院した菊夫は、自分の気持ちを伝えるため部長の元に向かう。
サクラはいつも通りに会社へ向かい、エレベーターで同期の百合・葵・蓮太郎と一緒になる。

百合 「それより菊夫くん倒れたんだって?」
サクラ
「ええ。」
蓮太郎「どうなのー具合は?」
サクラ「お医者さんは一晩寝れば大丈夫だとおっしゃっていましたが。」

メールが来て携帯を開くサクラ。

サクラ「菊夫くんからです。」

メールには「今から部長に自分の考えを伝えてきます。」と書かれていた。

葵  「いーやいや、大丈夫か〜?」

とっさに別のフロアのボタンを押すサクラ。

百合 「もしかして営業部に行くつもり?」

営業部のフロアで降りる4人。

百合 「やめたら?あんたが出てってもややこしくなるだけだし。」
葵  「そうだ。二度と来るなって桑原に言われただろ。」
蓮太郎「ていいながら、なんで付いてきてるわけよ、おまえらも。」
葵  「そりゃもちろん菊夫が心配だから。」
百合 「とか言って面白がってるだけでしょ。」
葵  「うっせーな、おまえだって。」

立ち止まると、ため息をつく菊夫の姿が。

菊夫 「はぁ。。。」
サクラ「あっ。菊夫くん。」
菊夫 「どうしたんすか、みんな。」
葵  「そっちこそなにしてんだ。」
百合 「もしかして、ビビってるとか?」
菊夫 「えっ。。。あっいやぁ。。。」
蓮太郎「そんなこったろうと思った。」

そこへ部長の怒鳴りつける声が。

桑原 「何やってんだ!タコ!!!何遍も同じこと言わすんじゃねえよ。
こんなんでクライアントが納得するわけねーじゃねえか!タコ!
どうなってんだ、コラァ!ああん?」

菊夫がサクラに口を開く。

菊夫 「サクラちゃん。お願いがあるんだけど。」
サクラ「なんですか?」
菊夫 「さっきから自分のケツを叩こうとしてるんすけど。どうしてもダメで。
できればサクラちゃんがやってくれないかな。」
サクラ「わかりました。」

菊夫の後ろに移動するサクラ。
叩かれるのを待つ菊夫。
すっと右手を挙げるサクラ。
そして思いっきり菊夫のお尻めがけて右手を振り下ろす!

菊夫 「あ゛っっっっ!!!!」

あまりの強さに手前のロッカーまで飛ばされる菊夫。
それを見て笑いをこらえる百合・葵・蓮太郎の3人。

菊夫 「くっっっっ。はあ、はあ、はあ。涙出てきたあ。すごい力っすね。」
サクラ「すいません。」
菊夫 「でもなんか、勇気湧いてきた。」

部長に自分の考えを伝えるシーン

サクラにお尻を叩かれ、勇気付けられた菊夫は、満を辞して部長の元に向かう。

菊夫 「あの、部長。」
桑原 「おー、菊夫。体はもういいいのか。」
菊夫 「はい、おかげさまで。」
桑原 「しばらくは体に気をつけて残業もしなくていいから。」
菊夫 「あっ、あざす。。。」
桑原 「じゃーあ、図書館建設の現場行って、工期早するように下請け説得してこい。」
菊夫 「え。。。」
桑原 「クライアントに責付かれて困ってんだよ。
それにほら。病み上がりのお前が頼めば、
向こうも情にほどされていうこと聞くかもしれないし。
菊夫 「いや、でも。。。」
桑原 「ダメだったら定時まで土下座してろ!!!わかったら早く行ってこい。」

自分の中で葛藤する菊夫。

菊夫 「いやです。」
桑原 「は?今なんてった?」
菊夫 「おれはもう。。。部長の言う通りにはできません。」
桑原 「何いってんだお前。」
菊夫 「おれ、同期のサクラにあったとき自分に似てると思ったんです。
仲間を大切にして、仕事も一生懸命にやろうとしてるから。
でも、本当は全然違いました。
サクラはこの会社に入った夢や目標がはっきりあるのに、
おれにはそんなもん全然ないし。
みんなのことを応援したいと思ってたけど、
本当は自分で何も決めれなかったり、
自分の意見を先頭に立って言える勇気がないだけで。
でも一番サクラと違うのは、自分がいまやっている仕事に
ちゃんと向き合ってないことです。
自分が担当している建物を愛してないことです。
それが何よりも大切なのに。
だからおれ、これからはサクラに負けないように、
目の前の仕事を自分にしかできないやり方でやりたいんです!
やらされるんじゃなくて自分がやるべきだと思った仕事をやりたいんです!」
桑原 「おまえ、そんなこと言ってどうなってるかわかってんだろうな。
おまえみたいなの潰すの、簡単なんだよ、こっちは。」
営業部社員「部長、お電話です。」
桑原 「うるせえな!後にしろ!!!」
営業部社員「例の図書館の現場で、水道管が破裂したみたいで。」
桑原 「なんだと?」
菊夫 「おれ行っていきます!おれの担当ですから!」

ネットの反応

スポンサーリンク

2話の撮影場所はここ!

各部署のフロア・お尻を叩かれた場所

場所:株式会社SCOPE

住所:千代田区富士見2丁目10番

株式会社SCOPE
株式会社SCOPE

画像引用元:https://www.google.com/maps/place/株式会社スコープ

スポンサーリンク

2話の視聴率は?

同期のサクラの現在の平均視聴率は8.8%です。
(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

今期のドラマで数少ない、
第1話より第2話の方が視聴率が高いドラマの1つです!
もう1つは土曜22時の『おれの話は長い』です。(10/21段階)
第1話の話題性から第2話の視聴率が上がったのでしょうか?
素晴らしいことですね!

 同期のサクラ 1話: 8.1%
 同期のサクラ 2話: 9.5%

 

他のドラマも気になると思います。
月9の『シャーロック』、火9の『まだ結婚できない男』
どちらも第1話に比べ、第2話が下がってしまいました。

 シャーロック 1話: 12.8%
 シャーロック 2話: 9.3%

 

 まだ結婚できない男 1話: 11.5%
 まだ結婚できない男 2話: 7.7%

スポンサーリンク

次回(第3話)のストーリー

次回予告がYoutubeで公開されています。


第3話は広報部の百合(橋本愛)回ですね。

第2話では、社会人2年目となったサクラに仲間思いな部分が出て、サクラ自身も少し成長したのではないでしょうか。
第3話では、百合が結婚し、寿退社する話となります。
「ブスッ」と連呼するサクラ!?
ビルから落とそうとする百合!!
またもやキレる百合にサクラはどういった行動を示すのでしょうか?
放送が待ち切れませんね!

第3話

画像引用元:https://www.ntv.co.jp/sakura2019

スポンサーリンク

前回(第1話)の見所・撮影場所とエキストラ募集

第1話の見所はSNSでも話題となったあのシーンとなっています。
別のページにまとめていますので、こちらからご覧ください。
【同期のサクラ 1話】橋本愛の演技がすごい!撮影場所とエキストラ募集まとめ 【同期のサクラ 1話】橋本愛が高畑充希にキレる!撮影場所とエキストラ募集まとめ